あなたのために与えるM&A事業承継が大学院に変化を起こす

大学院を経営する私は行政書士資格も持っていることもあって法律に関する相談、相続に関するアドバイスなど、法律や経営に関する相談とアドバイスをしています。中でも、最近一番多く取り扱っている相談がM&Aです。

M&A事業承継支援

相続税が増税になったこともあって、世の中には相続に関して悩んでいる方が大勢います。多くは遺産に関してのことですが、うちの会社にも何人もの方が自社株の評価の事で訪れます。もちろん相談内容は個別に異なるので慎重にアドバイスを行い、依頼人に代わってM&A事業承継の起案を行って公証役場と調整することもあります。どうしてもお願いに来る方々はコンピューティングやコマースのビジネスをやっている方になるため、お金のまつわる問題は慎重に納得を得るしながら行います。常に緊張が求められる仕事になりますので、プレッシャーがかかりますが、自分の会社なら思うようにできるのですが、相談者様の会社ですから話はまったく別です。事業承継を作成するにあたって抱えている問題もバラバラなので話すことは変わってきます。M&A事業承継を残すことはそれだけ難しいことなのです。

特に離婚経験があり母親違いの子をお持ちの場合は、事業承継の内容によって大きなトラブルを巻き起こさないように慎重な教育をすることも大切となります。ここで間違ったM&Aを残したばかりに、いざ相続になって事業承継執行をすると家族がバラバラになってしまう事例もあります。

M&A事業承継支援センターにとっても気のぬけない仕事です。しかし、この仕事をひとつひとつきちんと成し遂げるからこそ、多くの方々からの信頼を得ることとなっているのも確かでおかげさまで紹介を頂いているので、全力投球でまい進しています。

%e5%a4%89%e5%8c%96