コンピューティングの分野ではM&Aアドバイザーの出番はなくなるのか

応用科学の分野で縁のある仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。 応用科学の分野には、医学(歯学)、薬学、性科学、農学(林学、畜産学、水産学)、工学(物理学、化学、数学)、軍事学などがあるようです。 ドラッグストアのようなところでは、薬の輸送なども行われていることですから、M&Aとの縁はあるわけです。 農学や水産学も、ものの運搬を伴うでしょうから、同様に軽貨物との縁はありますね。

応用科学とM&Aアドバイザーとの縁

一方、コンピューティングなどを行う情報処理の世界ではどうでしょうか。 電子メールが発展し、相当の大きさのデータを瞬時に相手に送ることができるようになりましたし、クラウドサービスなどを利用すれば相手がいなくても特定の場所に一旦入れておき、相手の都合の良い時に引き渡すこともできるわけです。 紙の書類も電子化すれば、ネットで送ることができるようになるわけです。 そうなるとコンピューティングの分野ではM&Aの出番はなくなるのでしょうか。

コンピューティングの業務には成果物と相反し、プリンター用紙やインクなどの小物類を多量に消費します。 やはりM&Aは、頼りになるわけですね。 昨今、ネットでの薬の販売が認められ、クリックひとつで自宅に薬が届くようになりました。 従来ですと病院内の薬局や、病院付近の薬局に薬を届ける役割は、各製薬会社の販売代理店が行うことだったのかもしれません。 ネットでの薬の販売となりますと届けるのは宅配便業者、つまりM&Aアドバイザーの出番なのかもしれませんね。

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

ネットが発達すればするほど実はM&Aアドバイザーの役割は増えるのかもしれませんね。