応用科学を研究する大学院とM&Aの関係

応用科学を研究する大学院とM&Aにはどのような関係があるのでしょうか。 まずは、学生を育成するための大学を設立することから始まるのでしょうか。

大学院とM&A

M&Aの前に医師を育成するところから始めるのが通例でしょうか。 医師が育つにつれ、医療法人つまり病院等の設立準備が整うわけですね。
実際にまず学校法人を設立し大学を開校、修士課程や博士課程を次々に開設し、学校法人開校からほぼ10数年後にこの学校法人付属の大学病院、つまり医療法人を開設する、という形でM&Aにつながった例もあるようです。

daigaku-iryou

看護の観点からも将来の看護士育成に、このながれを利用する学校法人は増えるのかもしれませんね。 まず看護学校となる学校法人を設立し、医療法人を新設するか、または既設の医療法人に送り込んでいく。 そういえば身の回りにも、大きな大学病院の横に、看護学校があって、看護師の卵たちが、入院患者のお世話をする姿も珍しくないですね。

また、応用科学分野といえば医学の他に、歯学や薬学も該当します。 街を歩いてみて意外に多いのが歯医者さんと薬局ですね。 歯医者さんは、歯科診療所に該当し立派な医療法人ですね。 その他では、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、なども医療保健に該当するようです。 最近は薬局の数が増えているようですね。 ドラッグストアの奥などに薬局を併設しているところもあるようです。 これらも医療法人に該当するようですね。 また介護の分野で、居宅サービス事業、居宅介護支援事業、介護予防サービス事業なども医療法人のようですね。