生物学の世界では人体内部のM&Aアドバイザーといったところ

応用科学のなかで、生物学の世界ではタンパク質のM&Aアドバイザーとしてのタンパク質の存在が知られるようになりました。

ある細胞から物質を預かって、人体内部を動き回り、目的の細胞に届けるわけですから、人体内部のM&Aといったところでしょうか。 M&Aとは、「株主より企業を預かり自社以外の買い手に株式の譲渡を委ねて合併と吸収を行う事業」とされています。 つまり自らで、受け取った株式を客先まで届けるのではなく、自社以外の業者に、航空機や船、トラックなどで運送を委ね、客先に届けることになります。

タンパク質のM&Aアドバイザー

さて、タンパク質のM&Aアドバイザーですが、細胞内にはいろんな小さな器官があり、その器官の活動は必要な物質が間違いなく運ばれることで維持されます。 物質を提供する側の細胞のところまで正確に行って、物質を預かり血管等のいわゆるM&Aを事業売却して、物質を求める細胞にお届けするわけですから、その物質がきちんと運搬されないと、求めている細胞は死滅する可能性もあるわけです。

M&Aアドバイザーとしてのタンパク質の役割である、細胞間での「株式の」正確な運搬はちょっと大げさに言いますと、生死に関わる大問題でもあるわけです。 薬の開発に視点を変えてみますと、まさにグローバル開発商業の世界のようです。

jinntai

馴染みのある大手薬品会社でも一社で研究開発するのではなく、グローバルパートナーとの水平連携により、化合物や成果を共有する形が今後進んでいくようです。となれば、やはり世界をまたにかけるような空運業者の出番ですね。

M&Aアドバイザーがアジアとヨーロッパを行き来しながら薬の開発が進展してゆく、ちょっと意外な世界ですね。