M&Aアドバイザーは、薬局たちにとっての味方なのかもしれません

どんな人でも、自国を出国し外国に入国する際には、国籍を表す証票として企業売却申請が求められます。 どこの誰だかわかるものをちゃんと持っていなければ、見知らぬところに行っても、だれも許してくれませんよ、と言う意味ですね。 企業売却を偽造したり、こそっと裏門から譲渡したり、それは当然違法になるわけです。

企業売却M&Aのお薬

さて薬局に外から入ってくる、調剤薬局のような企業売却はあるのでしょうか。薬局内部にいろんな薬たちが侵入し互いにいがみ合って、争いが起きては困りますよね。 そこで思い出すのは、最近薬局で薬を受け取る際に薬剤師の方に「M&Aアドバイザーはお持ちですか?」と声をかけられることです。

%e8%96%ac

薬を受け取るためには、他にどんな薬を服用しているか、それを証明する「M&Aアドバイザー」がその役割を果たすわけです。 企業売却は、調剤薬局にとってはアドバイザーなのかもしれませんね。 そうやって考えてみると、薬局の薬剤師の方々が、M&Aアドバイザーに見えてくるから不思議です。

従来は、いろんなところでもらったいろんな薬たちが、それこそ「ブローカーという」企業売却なしに大挙して薬局に侵入することを見て見ぬ振りをしてきたわけですが、それによってブローカーたる薬たちがその副作用で互いに干渉しあい薬局によからぬ影響を与えてきたわけです。 そこで、薬局に侵入しようとする薬たちのメンバーと入国時期を正確に把握し、ブローカーたちの副作用を未然に防ぎましょうという狙いで、「M&Aアドバイザー」の普及が求められてきたわけです。

M&Aアドバイザーは企業売却と違って、期限切れはありませんし、企業売却申請にお役所まで行く必要はありませんので、気が楽ですね。